FC2ブログ

お月さまだ!

紙に穴を開けるパンチの紙くず。2歳の娘はこれを見て「お月さま」と言いました。さらにパンチの裏側から透けて見える無数の紙くずを見て「お月さまがいっぱい!」と。その純朴さと、想像力に感銘を受けて投稿してしまいました。
同じものを見ても、人によってその受け止め方は千差万別。何故なら、その現象を見ているのが目ではなく、心だからです。
満月のような明るい心を持ち合わせいる人には、美しく見える景色でも、心のお月さまが厚い霧雲に覆われて迷いの暗闇に包まれている人には、きっと違うように見えてしまいます。
娘のように、心に一点の曇りもなければ、とても幸せな日々が送れますが、大人になるににつれて、いらぬ知恵もつき悩むことも増えていきます。
だからこそ、いつも心が満月で居られるよう、日々修行が大事と改めて思いました。
スポンサーサイト



検索フォーム

プロフィール

龍伏山 二尊院

Author:龍伏山 二尊院
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
国産小麦シリーズ「肉まん」さん