FC2ブログ

山口県文化財に寄稿(1)

二尊仏さまは国指定重要文化財でいらっしゃいますので、しばしば研究者や専門家の方が、仏像研究に二尊院を訪ねて来られることがあります。

なかには仏像を“信仰の対象”ではなく“美術品”という認識で調査されるケースもあります。

私は仏さまを物品として捉える姿勢に抵抗があるのですが、その私に山口県の文化財愛護協会が機関誌の寄稿を依頼してこられました。

先人から口伝えに聞いた話なども、文字に残しておかないと、どうなるか分からないので良い機会だと考え、ここは一つ文化財を所有するお寺の住職らしい原稿を書いてやろうと、お受けさせていただくことにいたしました。

口伝や伝承を残しておくことも仏道の法灯を護持する者の務めと思い、承諾したのです。

今秋、その機関誌『山口県文化財 第45号』が山口県文化財愛護協会(事務局:山口県教育庁社会教育・文化財課内)から発行されました。





内容は次号のブログ「ぼうずめくり」でご覧いただけます。ご興味のある方、どうぞご覧下さいませ。
スポンサーサイト



検索フォーム

プロフィール

龍伏山 二尊院

Author:龍伏山 二尊院
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
国産小麦シリーズ「肉まん」さん